”コマリ掲示板”抜粋

能登さん。ごめんなさい。
また、過去ログを消してしまいました。

中古PCを1万円程で「楽天」で購入して、
そこでもコマリ掲示板のcgiをやろうと・・・・。
当然です。

違うPCでやれば消えるのは。

愚かな管理人を続けるコマリは、今まで、どれほど
2003年2月~の
珠玉の思い出に残る、みなさんのさまざまな「コメント」を
『コマリ掲示板」の過去の向こうに
いとも簡単に捨て去ってきたことでしょう。・・・。

etc.

旅の空の下から-
電車・夜汽車の中から-初凪はもちろん・船上から-
田舎道から-空港待合室から-
厳寒「わかさぎ釣り」湖上から-スタジアムから-----。

そして、今。

我らが「アルビレックス新潟」

反町康治監督が

2005年を以て、去って行きます。

この日が来ることは分かっていても

覚悟していても

余りにも寂し過ぎます。

5年を積み重ねた

『泪』と『感動』と『熱情』の叙事詩

”一大スペクタル・ドラマ”は

今ここに

「終演」しました。

過去になるというものは、とてもさみしいものです。
この感動を、いつまでも、とどめておきたいものです。

   -いつでも去って良い困った「管理人コマリ」より。-

[追記]
コマリも、2001年から反町監督を追いかけ
あのころ、まばらな、同じ「機上」の行き帰り。

勝ち負け。
の旅人だった頃からの。

監督との想い出を

まだ、まだ、書き著しては いなかったが

もうこのくらいで良いのだろう

多少の 照れくささも あったし・・・

-今は ただ これからも-

-また ちがった かたちで- 

-会える日を 夢見て-

また遠くから 

優しくも

見つめて いよう
関連記事

comment

Secret

リンク