スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬来たりて

新潟に、また冬が やって来た。

あれほど燃えた「夏」も---

あれほど待った「春」も !”-

遠く 何処かに 消えて 行くようだ----

いささか「私」も 時期を 過ぎたのかも しれない。

感動が 昔だけを よぎる。

----------------------------

これからの 
あの中学生だった 
あの子たちが
「熱情」を つくる

-----------------------------

監督も 
選手も 
スタッフも
あんなに 
燃えて 
いたのだから

そして
一陣の
ぼくたちも--------
>フーッ--
->---------------------------

きみたちも
その「熱情」を
若さゆえ
限りなく
燃えて
燃えて
くれ

-----------------------------

そして
そして
その
わたしの
こどもたちも

いつしか
冬の寒さが
新潟で-----
わかり-、

---------------、---------------
しかし
また
引き継ぐ
次代のこどもたちは
また「あした」を 叫ぶだろう 

------------------------------

「アルビレックス新潟」
  次代を越えて
   愛されて
    愛されて
     いるんだと♪

------------------------------

みんなが 新潟で
歴史を つなぐ
仲間と なって

サッカーを
こよなく
愛する

------------------------------
日々の
生活のために
ため息を

ついても

サポーターは

いつも
いつまでも

勝利を 願い つづけるもの。

いつまでも
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。