大凧合戦みどりの風

白根の大凧合戦も終わった。

絡めて からめようと

絡んだからには 対岸同士 

一気に 堤防を駆けずさり

重い手綱を 引いて 引きずり合う 

怒涛の 砂塵の 勝ち負けになる

-----------------------

人生一路 組衆の

ことし 確かめの儀式も 終わり---

植え終わって あんなに 幼かった苗も

初夏の水田に 色を増そうと 陽に向かっている---

----------------------- 

久しぶりに 旧白根市役所の階段を上がった

真上には 新しく「新潟市白根支所」が陽を浴びていた

右側の「市民生活課」は健在

-----------------------

かっては平成4年の 汗水

夏の 昼時

若さの迸りに あの人も いた

もう すっかり 課長になっていた

------------------------

座って ふるさとの はなしを した

「地域」とは こんなもの

今 訪れても ほのぼのとした
 
ふれあいがあった

-------------------------

周り まわって

過去の 一コマ ひとコマが 絵のように浮かんだ

-------------------------

4階に行くと 選管は無くなっていた

青い空から 涼しい風が 部屋に 吹き込める

なつかしい後輩が 窓際に 一人机に 座っていた

-------------------------

田園の白根

あの頃 汗を 拭うことも忘れて

駆け上がり 駆け下りた

-------------------------

そんな白根は
 
ふるさとに 似てる

-------------------------

帰り道

車は 小川沿いの

砂利道 少ない  

一本道を

さがしてた
関連記事

comment

Secret

リンク