スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマの花咲く春

2005Jリーグディビジョン1 第4節
アルビレックス新潟3-2大宮アルディージャ「新潟スタジアム」 16:00
[主審] 高山啓義

勝ちました。

rima

リマのすばらしいキックで。

実は、4月3日。
先週の日曜日。聖籠に出かけました。
流通経済大との練習試合の前半でした。

リマの右FKがありました。

ネット越しに、私は立ち、見つめていました。

リマの右キックのボールは、枠をわずかにそれて、私の右手に飛んで来ました。

思わず、ネット越しに、右手こぶしで受けて、ボールは手前のくぼみに落ち、止まりました。

実はたいへん、痛かったのです。折れたか?と?
右手こぶしを、のぞこうと思いましたが、恥ずかしくて。
見栄っぱりな私は、下を向くことができませんでした。

もう、受けません(冷や冷や-の冷や水-)

寒い北風。雨まじりの。その日その後
彼リマは、流通経済大のゴールネットを揺らしたのです。
「春よ 早~く来い」と。

一週間後。
陽春のブルースカイ。
たくわえられて行く「カナール川」に子供たちが輝く。

リマの名人芸のFKとピンポイントのコーナーキックで

アンデルソンリマは 花咲く春を 呼びました。
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。