達磨 達者でな

達者でな

我が愛するアルビレックス新潟の選手たち

新潟に来たのなら、一時の新潟を精一杯、味わって貰いたい。
僕たちサラリーマンの世界とは違うのだから。

その年限りの数少ない「サッカー人生」だから。
そして、選手たちは秋には「来季」を見つめるジプシーになる。
 
サポーターは、継続の熱い声援を選手たちに送る。
しかし、短い選手たちは思う。
かれらは、何の保証をしてくれるのか。
かつて、鈴木慎吾は、そんな言葉を残して去って行った。

話は変わって、新監督。これも、もっと痛烈な、「人生」なのだ。
いたずらな批判は控えよう。

みんな、別れる人を心配している。

吉田達磨監督が、かならずふるさと柏に帰れるように、新潟に期待する。
今は、達者でな。
関連記事

comment

Secret

リンク