都会の片隅から聴く春の歌

 舟木一夫さんの「高校三年生」「涙の敗戦投手」で、有名な作曲家遠藤実さん。

 ふるさと新潟の北国の春を、心から愛していた人だった。

 だから、君がすべてさ。
そして、藤島桓夫さんの「お月さん今晩は」のように。

 新潟が好きだから。

 ギター流しから始まった遠藤実さんの、生の声を都会の片隅から聴く。

 遠藤 実が唄う 《さよなら新宿》
関連記事

comment

Secret

リンク