スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の泪と息子の涙

阿波のうず潮に渦巻いて 彼方 内陸へ
母は 伊勢志摩 鳥羽の牡蠣取りに 潜ったと云う

丘の道 松阪から鈴鹿へ 
かつての白子駅前 技の学び舎 いまいづこ

信越から 天竜しぶき笠 そんな若き日々もあった

アルビレックス新潟 今夜こそ 阿波の鳴門の渦潮に 巻かれず 必勝と
 
翌朝 日本文理は 打って 打って かき砕く
 
青春とは何か
 
母の泪と息子の涙と 
大井道夫監督 栃木なまりの声が 無性に聴きたい

関連記事

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。