君死にたまふことなかれ

戦とは、そうゆうもの。
君死にたまふことなかれ

長岡花火が全国に飛び散っった。
焼夷弾が落ちて、川に飛び込んで逝った精霊。


どんなにも苦しくても、切なくても、耐えれば時が解決することを。
苦しいならば、とことん苦しむが良い。

でも、怒りは、時には必要だ。
相手を怯えさせるくらいの気骨と迫力も必要だ。

夏目漱石。愛媛松山日記、
「則天去私」
小松高の川又くん 知っているのかな?

平和とは、互いの協調だ。できなければ遠くに去れば良い。

君死にたまふことなかれ     
     旅順口包圍軍の中に在る弟を歎きて
          
   與 謝 野 晶 子
、あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

堺(さかひ)の街のあきびとの
舊家(きうか)をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獸(けもの)の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守(も)り、
安(やす)しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にひづま)を、
君わするるや、思へるや、
十月(とつき)も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。


関連記事

リンク