スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおらかな仲間たち

安達明(あだち あきら1948年9月4日 - 2011年5月20日)さんは、青春の人でした。
安達明 - Wikipedia参照
すみません。コマリも1948年生まれでした(ペロリ)

安達明 さんのお住まいは、さいたま市内郊外だったでしょうか・・・。
息子さんが「父は、時折り東京の片隅で歌っていたようです。一応お知らせします。」


あの頃、きゃしゃだと思った安達明さんの歌声が、今は、なぜか心に沁みてきます。

誰もが通り過ぎる青春の1ページとは-

気張らずに、ゆったりと、新潟は流れ行く青春の1ページではないかと、いまさら思うのです。

かつて、大宮ー浦和をスルーして、東京へと向かった青春の希望が、僕たちにも有りました-

過ぎてしまった哀しみに

若き頃 あなたは そんなひとでした

おおらかに 三国の国境を越えてゆく 天空の新潟

愛おしい 仲間たち

ひとりぼっちじゃ ないんだと

ゆったりと 声をからしながら 呼んでみる

若きころ あなたは そんな ひとでした


関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。