スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鳥たちは今日も君たちを待っている

二月の新潟は、まさしく「雪国」白真っ盛り。

寒空には「新潟」で生きる白鳥たちが、ビッグスワン方向へ甲高い気合いの掛け声で、今日も呼んで行った。

FW1-2-MF3-DF4-GK1の正三角形を成して、「アルビレックス新潟」の選手たちが南国「高知」で辛い練習に耐えて、強く逞しくなって、新潟に帰るまで鳴き続けている。

足を傷めないように 腕を傷めないように 
飛び立つための 確実にゴールするための 
天使の翼が 鮮やかに 新潟で輝き始めている。

はくちょうたちは なきながら きょうも きみたちを まっている。
どんなに さむくても。どんなに ゆきが つもっても。どんなにも こおっても。
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。