ふるさとの「暖かさ」を味わいたいために

今季「2009J1」も、残り3ゲーム。

明日の土曜14時から、ホーム清五郎で「柏レイソル」戦だ。
当然、柏は、J1残留の崖っぷちに立たされているから、必死の形相で身を犠牲にして、我が陣地に押し寄せてくることは必定。

依って、この明日の戦を勝ち抜くには、我々には相当の覚悟が必要だと云う事だ。

増してや、この処ころ、我が陣の聖地ふるさと清五郎で「負け戦さ」ばかりが続いているので、熱い声援を送り続けて来た「町民」の日々の生活や、田畑を耕す「農民」の顔にも寂しさが漂い始め、ふと「はぁー~ー。」と気の抜けた”ため息”も聞こえ始めないわけでも無い。

確かに、明日のことは、誰にも判るまい。

ただ、少しでも、気を抜けば、明日は我が身。に降りかかる「負け戦」と為る。

そして、肩を落として陥落の一途を辿ることとなる。

明日は、非常に寒い一日となるだろう。
充分な応援のための仕度を整えて、残り少ない季節の中の時を過ごそう。

勝てたら、清五郎の畑で見た、あの白く冷たく水水しい、寒風の雨にも負けずに大きく肥えた、深い青葉の大根でも買って、大根おろしに赤唐辛子と「ぽん酢」を入れた、鍋を私は食したい。

ふう~っつ。うまい~

久方ぶりに、湯気立つ、ふるさとの「暖かさ」を、しばし味わいたいものだ。

daikon1.jpg

daikon4.jpg

daikon2.jpg
関連記事

comment

Secret

リンク