今年も、ふるさとの「宝」をありがとう。

生まれ故郷の実家から、「新米」20kgが送られて来た。

sinnmai2.jpg

春の田植えの苗代に広がる、早朝の「笑い声」が、子供時代の僕にも聞こえていた。

komes.jpg

ハザ木の枝先を落として、樹間に高く稲縄を均等に張り巡らした.刈り込み後の「稲掛け」の農道。
そして、乾燥後の「稲落とし」のためのムシロに、実りの稲穂が積み重ねられて行く。

FH0000371.jpg

そんな「母」も、遠く去り、父も往ってしまった。

large.jpg

還暦も過ぎた、この僕に。

実家の兄さん。姉さん。

今年も、ふるさとの「宝」をありがとう。
関連記事

comment

Secret

リンク