スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の愛のまこと

もうすぐの2009年。1月4日から放送される、NHKの大河ドラマが待ち遠しい。
「天地人」
原作・火坂雅志。(新潟市出身。新潟県立新潟高校-早稲田大学商学部卒)

戦国の時代に上杉家の忠臣として「」を重んじ、「義」を貫き通した直江兼続を、どのように描き続けるのか。

脚本・大阪府出身の小松江里子さんの手腕にも注目したい。

「アルビレックス新潟」は、何とか2008年。みんなの”ちから”で、留まりました。

それも、もしかしたら「」を重んじ、「義」を貫き通した直江兼続が、それぞれであったのかもしれません。

来年は、もっともっと多くの試練が待ち構えています。

山形「米沢」をの心で見つめた直江兼続は、また「モンテディオ山形」にも、思いを馳せているのかも-。

「天地人」

それは、人ののまことです。

----------------------------------------------------------

君について行こう

平岡精二 作詞/作曲

君について行こう
どこまでもついて行こう
すばらしい事を教えてくれた
生きる喜びを教えてくれた
君について行こう

君について行こう
いつまでもついて行こう
苦しい時も悲しい時も
木枯らしに顔をまっすぐ向けた
君とともに行こう

君について行こう
何よりもを持って
はかないこの世の人の命に
こよない光を添えるものは
人ののまこと

君について行こう
この国をしながら
ここはふるさと君と私の
そして友達をそだてた所
すべてを捧げよう


----------------------------------------------------------

-寺川能人に捧ぐ-

無数のおもいでを ありがとう

テラ。寺川能人。滝川二高のラモス。

あのころ貧しかったJ2時代。「新潟市陸」の陽を眩しそうに受けて・・・・。
いつも君は、そこに居たね。---

そして、君は。今去って行く。
もういちど、逢いに行きたかったのだったが。

寺川能人の無数のおもいでは、いつまでも行き続けて行く。

寺川能人。ひたすらな「」を、ほんとうにありがとう
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。