スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の明るさが たまらなく 素敵でした

2008年8月8日から8月24日までの、北京オリンピックの夏は終わった。
世界のアスリートたちが繰り広げた28競技302種目の炎は、また静かにそれぞれのふるさとの空に消えて行った。

炎の日ごとの舞台に感動もしたし、失望もした。

そして、その間に応援し、見続けた「アルビレックス新潟」の3試合は、感動には程遠く、落胆ばかりの日々だった。

①8月9日(土) 18:00 東京V 味スタ 4-0

曇天のむさ苦しい夜に、東京V飯尾一慶の切れ切れは、ぴか一だった。新潟の後手後手に失望だった。

気を取り直して、またオリンピックを見る。

柔道。熊本男児内柴正人の金に感動。

②8月16日(土) 19:00 大分 東北電ス 0-1

新潟の意地は見えたが、全く不満。
妬けに、鈴木慎吾が小面憎くなった夜だった。これで、、ほんとにさようなら。数々の想い出にさようなら。凄いどしゃ降り帰り道。鳥屋野湖畔をハンドルぐるぐる揺れて、口惜しさにペダルが、飛沫を上げて鳴いていた。

気を取り直して、またまたオリンピックを見る。

競泳男子400メートルメドレーリレー決勝。これが継ぎのプレーだ!宮下、北島、藤井、佐藤の銅メダルに感動。

③8月23日(土) 19:00 京都 西京極  1-0 

松下のシュート。貴章のヘディング。ゴールが遠い。
雨は降る降る 西京極の芝に
「城ヶ島の雨」の歌のように、もの悲しく灰色の画面となった。
ザーザーザーザー・・・。
~利休鼠の雨が降る~

気を取り直して、はたまたオリンピックを見た。

女子ソフトボール。念願の金メダルおめでとう。

この期間中に、その女子ソフトボールの選手で一人気になっていた選手がいた。
アテネから一旦引退してから、群馬県高崎にある太陽誘電ソフトボールチームの山路典子監督から誘いを受けて復帰した、坂井寛子投手である。




-黒髪をながく なびかせて 
春風のように 笑う君
-

前略
お元気ですか?


舟木一夫さんの花咲く乙女たちを思い浮かべてしまいました。
花咲く乙女たち 舟木一夫 歌詞情報 - goo 音楽


豪腕上野投手の陰に隠れながら、必死に補佐していた、日本後陣のエースが、そこに居た。

君の明るさが たまらなく 素敵でした


さー雨も止むでしょう

あなたの明るさがまるで太陽からの使者のように アルビレックス新潟にも 来ますように-
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。