百日紅の花が咲いていた

百日紅 (さるすべり)の桃色の花が咲いていた。

慣れない携帯電話のカメラで、撮ってみた。

散れば咲き 散れば咲きして 百日紅加賀千代女(かがのちよじょ)

今年は、夏のアウェイの旅に、未だに出ていない。
灼熱の夏に行く「旅路」を見つめる。

炎天の 地上花あり 百日紅」  高浜虚子(たかはまきょし)

新潟駅南に咲いていた百日紅の花は、もうすぐ暮れようとする夏の夕風に揺れていた。

練兵の昔をいまに百日紅」  山頭火(さんとうか)

15日のお盆が過ぎて、新潟駅南から「大分トリニータ」戦に向かうサポーターたちに、百日紅の花は、どんな顔をして見送ってくれるのだろうか。
関連記事

comment

Secret

リンク