スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥屋野から湖を越えて清五郎が呼んでいる

今年も清五郎の大地を踏みしめる人たちがいる。

まるで「渡り鳥」のように、たまらなく恋しくて恋しくて。口笛をそっと吹きながら、瞳は輝く。

車、バス。自転車。歩く人たち。そして、ふるさとの風景。

周辺は、活気づく。

すばらしいじゃないか!新潟 にいがた。

がんばろう 新潟!

こだまが清五郎から呼んでいる。

湖に映る自分の心を波紋に寄せて思いを託す

次第にスタジアムに大きく津波のように押し寄せる。

錦の御旗は、あのてっぺんで 風に引きちぎられそうになりながらも 誰をも寄せつけない 孤高の音楽を奏でている

それでもぼくたちは 少しでも あの錦の御旗の元へ 近づきたいと 願っている ---

ぼくたちの かけがいのない ホームのゲームがやって来た。

ほら、聞こえるだろう?

清五郎が、身をよじらせて、冬つごもりの雨戸を開放して、みんなを待ち望んでいる、期待の「春」の声が。

聞こえるだろう?
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。