スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の火山活動は今”前夜”です♪

柳沢選手への想いは届かなかったようで、気持ちを切り替えることにする。

21日(月)がシーズンスタートと公式発表された。今年も初練習で、新人たちに会えることが楽しみだ。

新人選手は、
①DF鈴木大輔(星稜高)②GK黒河貴矢(市立船橋高)③FW川又堅碁(小松高)④DF大野和成(北越高校)⑤MF長谷部彩翔(新潟西高)⑥MF木暮郁哉(駒込高校)⑦DFフィッツジェラルド マイケル ジェームズ(成立学園高)⑧FWアレッサンドロ・ヌネス(ブラジル)
※1 鈴木大輔・黒河貴矢を新加入と見なす。
※2 鈴木慎吾・藤井大輔・諏訪雄大・ディビッドソン純マーカスは、レンタル中として除外。
※3 ( )内は出身校若しくは国籍。
の8人だ。

そこに現選手たちは17人。
①北野貴之②千葉和彦③千代反田充④永田 充⑤松下年宏⑥矢野貴章⑦坂本將貴⑧本間勲⑨寺川能人⑩内田 潤⑪海本慶治⑫河原和寿⑬野澤洋輔⑭田中亜土夢⑮中野洋司⑯マルシオ リシャルデス⑰松尾直人
 注;未公開の選手も含めることとする。

合わせて、25人の少数精鋭だ。

以前から鈴木淳監督は
「多いからと良いとばかりは云えない。ある程度の実力がある中で、お互いに琢磨し合い、更にその上のレベルに持って行く。」
「試合形式では、ユースやジャパンサッカーカレッジ等の選手も入って貰い、より斬新な感覚で、「アルビレックス新潟」の底辺を広げたい。」
と考えているようだ。

究極「若さからへの爆発」が始まろうとする、火山活動は今”前夜”。

数々の経験を積んだベテランも、場慣れした来た中堅どころの選手たちも、そろそろ、くすぶり始め、腕ぶしているだろか・・・。

「越後路」へ初めての長旅支度も終えて、希望の春に頬紅らめた新人選手たちは、母からのあたたかい最後の晩御飯を、靴先揃えた玄関向こうの「部屋」で食べているのだろうか?

「練習をみっちり積んで、おもいっきり!燃えてみなさい!!若いんだからね~。」

今年もJ12008北国発の「アルビレックス新潟」”弾丸列車”は汽笛鳴らして、厳しい寒さと風の「聖篭初練習」から始まる。

監督。コーチ。新フィジカルコーチのルイス・フェルナンド・グゥラルテ(ブラジル)さん。そのブラジリエンセからのお顔も楽しみ。スタッフ。通訳。マッサー。裏方さん。関係者。その他大勢もろもろ。

みんなの初顔合わせが楽しみだ。

冬から春。夏が来て、そしてすぐに「秋」が来る。

はっきりとした四季の新潟から、アルビレックス新潟を追いかけ始めると、あっという間に一年が過ぎてゆく。

アウェイでも、好きな君の姿を探しに。きっと逢えますように!・・・。!

春の火山活動は今”前夜”です♪
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。