スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて知ったブラザーズ・フォア。

我が「青春の昭和40年前後」は、バンジョーの音色とともにブラザーズ・フォアの甘い声が、流れていた。

「コマリ紀行」のホームページは、ずーと「ぷらら」でやって来たので、「ぷららポイント」が貯まっていた。

Amazonギフト券 3000円 1枚に換えて、久しぶりに”

1. グリーンフィールズ
2. 遙かなるアラモ
3. 七つの水仙
4. イエロー・バード
5. グリーンスリーヴス
6. トライ・トゥ・リメンバー
7. 北京の55日
8. 木の葉の丘
9. 悲しきカンガルー
10. さらばジャマイカ
11. ブルー・ウォーター・ライン
12. 風は激しく
13. 漕げよマイケル
14. グッドナイト・アイリーン
15. 青春の光と影
16. 花はどこへ行った
17. 500マイル
18. おいでよ,僕のベッドに
19. ビューティフル・ブラウン・アイズ
20. アビリーン


”聴いて見たくなった。

昨年の大晦日に、それは、千葉県市川市のamazon発送元から「佐川急便」が届けてくれた。

さー。♪♪。-いつ解こうか。-どんな時に聴こうか。口ずさもうか・・。そして、ギターを弾こうか・・・-。

LPレコードが霧色の紙カバーに包まれて、ブルースカイの緑の木立ちが描かれた包装缶は。

青春のわたしのこころを大きく揺さぶったものだ。

初めて知ったブラザーズ・フォア

時を越えて、いままた、よみがえる。

しかし、CDに蓄えられた、ブラザーズ・フォア-彼等の「テープ」の紐は、まだ解いてはいない。
Born in Seattle THE VERY BEST of THE BROTHERS FOURBorn in Seattle THE VERY BEST of THE BROTHERS FOUR
(2003/10/22)
ブラザーズ・フォー

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。