第3節「横浜FC」(三ツ沢)戦の借りを返せ

5月19日。25歳の誕生日を迎えた、新井健二。

そろそろ、ホームの勝ち舞台に立ってもらいたい。

彼ほど、勝利に遠ざかっている、選手はいない。

第3節の三ツ沢の丘。

終了間際、横浜FC「小野信義」の右シュートの、0-1。

あの日をいちばん覚えているのは、新井健二選手では、ないかと思う。

もう、その手は食わない。

新井健二は、きっと、人一倍、そう、思っているに違いない。

そろそろ、新井健二が、勝ち舞台に立つときが、来た。

来て欲しい。
関連記事

comment

Secret

リンク