やがて2008年。大きな風を送ろう。

2004年からエジミウソンと共に4年。

(ブラジル)アトレチコ・パラナエンセで2001年のブラジル全国選手権セリエA最優秀フィジカルコーチ だった、フィジカルコーチのフラビオが新潟から去って。

今日また、アルビレックス新潟のFWエジミウソンが、2008来季「浦和レッズ」に移籍すると発表された。

2004年(ブラジル)アトレチコ・パラナエンセから、ワシントン(現浦和)も東京Vにやって来ていた。

今年で去ったシルビーニョもも2000年は、アトレチコ・パラナエンセだった。

新潟に、一つの風が吹き去って行った。

<参考>
2007ブラジル選手権セリエA最終順位(12/3)
1 São Paulo 77
2 Santos 62
3 Flamengo 61
4 Fluminense 61
5 Cruzeiro 60
6 Grêmio 58
7 Palmeiras 58
8 Atlético-MG 55
9 Botafogo 55
10 Vasco 54
11 Internacional 54
12 Atlético-PR 54
13 Figueirense 53
14 Sport 51
15 Náutico 49
16 Goiás 45
17 Corinthians 44  
18 Juventude 41
19 Paraná 41 38
20 América-RN 17

--17位~20位は、2008セリエBへ降格--

そして、2008年の来季に向けて、新しい風が吹き始めた。

フィジカルコーチとして、35歳のルイス・フェルナンド・グゥラルテが、2007ブラジル選手権セリエBのブラジリエンセからやってきた。

<参考>
2007ブラジル選手権セリエB最終順位(12/4)
-☆1位~4位は、2008セリエAへ昇格--
1 Coritiba 69
2 Ipatinga 67
3 Portuguesa 63
4 Vitória 59

5 Fortaleza 56
6 Marília 53
7 Criciúma 53
8 CRB 53
9 Brasiliense 53
10 São Caetano 53
11 Ponte Preta 52
12 Gama 51
13 Barueri 51
14 Santo André 51
15 Avaí 51
16 Ceará 50
17 Paulista 45
18 Santa Cruz 42
19 Remo 36
20 Ituano 33

Ipatingaのアレッサンドロ・ヌネスは、2007ブラジル選手権(ブラジル・サッカー)のセリエBで25ゴールを叩き出した「得点王」。

それを、Brasilienseでじっと見つめていた、ルイス・フェルナンド・グゥラルテ。

2004年の「フラビオ~エジミウソン」ラインが、大きな花を開いたように。

2008年に向かって。

アレッサンドロ・ヌネスが、もっと大きな風となるよう。

「ルイス・フェルナンド・グゥラルテ」フィジカルコーチも、新潟で吹く”ホイッスル”を、きっと今から楽しみにしていることだろう。

♪もう いくつ ねると? おしょうがつ♪

2008年「ルイス~アレッサンドロ」ライン。

わたしたちも、できる限りの『風』を後押しをしよう。

でも、風邪だけは引かないように。
関連記事

comment

Secret

リンク