一直線の「ひたむきさ」は、みんなの「こころ」を打つのです

私の「風邪」もだいぶ治まった。

どうやら、「FC東京」戦。

雨の中で、清五郎のみずみずしい「大根」を、あまりにも見つめ過ぎたせいのようだ。

反町ニッポン””! 

北京出場おめでとうございます。

李忠成(柏)選手の戦い終えた、喜びの「大の字」姿に、思わずもらい泣きしてしまった。

若い時ならば、あれだけ明るく、自分を主張しなければ!と、思う。

彼を見るたび、かつて「新潟」の安英学(アンヨンハ)の胸板厚い、熱情のゴールに向かう姿を、重ねて想い浮かべる。



やっぱり、一直線の「ひたむきさ」は、みんなの「こころ」を打つのですね。

反町ニッポン!!

これから---これからが。

ほんとうの「修練」です。

わたしたちは、反町ニッポン!!を応援します。
関連記事

comment

Secret

リンク