スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の中「大根持っていがんかね~」

清五郎農家の畑一部を駐車場にしている所にさしかかった。
試合前のことだった。

雨の中「大根持っていがんかね~」

振り返ると、残念ながらわたしでは無かった。

中年夫婦が車から降りて、呼びかけられて、スタジアム方向に向かおうとした「顔」が、にっこりとほころんで振り向いていた。

かたわらの畑から抜いた大根2本。
大きくてみずみずしくて、わたしはチャリから、何度も農家の嫁さんのぶら下げた「青葉そのまま白むっくり大根」を物欲しそうに見つめていた。

どこからの人なのか。
清五郎農家の駐車場から「アルビレックス新潟」を応援し続けたお祝いにもらった大根は、どんな料理で食卓に並ぶことだろう。

さて、それから。

雨は、しだいに清五郎をおぼろにして、降り続けていて。

やがて試合前には雨も上がって。

東北電力が提供する七色の照明に映し出されて、ひさしぶりに「アルビレックス新潟」が勝った。

あまりの嬉しさに、帰りの「清五郎」夜道を。

あのみずみずしい「大根畑」のかたわらを

どのように通り過ぎて帰って行ったのか。

わたしには まったく記憶が 残っていない。

そして、きょうの朝だった。
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。