野良猫ニャンコたち

今日の新潟市は肌ざむい曇り空。

furunyan1

野良猫ニャンコたち。

去年の今頃。母猫は3匹の子猫を連れて、やって来た。
内の1匹の子猫は弱々しく、いつのまにか姿を見せなくなった。

春が過ぎて。

履き替えたスノータイヤの上にいる、三毛猫ニャンコは。

同じく去年の夏。おくれて母猫と共にやって来た。

今年の冬を越えようとする頃、その三毛猫ニャンコの母は居なくなった。

furunyan2

いろいろな猫が、この冬に現れて、光る目で泣きじゃくり、夜を突いて鳴きまくった。

そして、嵐の声がおさまったころ。散り々に三毛猫ニャンコの母も消えて行った。

furunyan3

いま、夏が来る。野良猫ニャンコたちは。一匹の母猫のもと。

ほんとうの母の区別なく、おだやかに三毛猫ニャンコも可愛がられて過ごしている。

-昨年の夏までは、一昨年に産まれた、とても恥ずかしがりやの子猫たちもいたのだが。-

遠-い野良猫の旅に出たようだ。まったく姿を見せなくなった。

furunyan4

私の住む町で。

野良猫ニャンコたちは。

きょうも遠くを見つめてる。

furunyan5
関連記事

comment

Secret

リンク