スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だかわかりません。春の宵。「菜の花」月夜。

6-0で負けて、涙が流れません。
どうして? だって・・・。

2004年晩秋の横浜国際総合競技場を想い出して、いたんです。

hamaさん達の東京アルビの事前に周知されていた、その夜の横浜。庄屋さんでの飲み会。

敵地勝利での喜びの独占会場に、宴たけなわ。横浜FMサポーターの若者男女が、今までほそぼそと彼らの席から飲んでいた場所から一気にやってきました。
にこやかに、福やかに、にっこりと。
差し出した酒を、一気飲みした、横浜FMのGパン。素敵な彼女でした。

何だかわかりません。涙が流れません。

今夜は 彼ら 彼女達。横浜。、思いっきり「新潟」で。日本海の幸を楽しんでください!

何だか負けても、そんな気持ちになるのです。

不思議です。こんな気持ち。

横浜でのあなた達の。負けても「新潟」のぼくたちに。

白。青。赤。素敵なパラソルソングを。

僕達アルビの 喜びの 酒の畳で・・・前・後。踊って唄ってくれた。

横浜FMサポーターの大きなこころに。

何だかわかりません。

今夜の半月。春の宵。「菜の花」月夜。

おぼろに しばしの 負けを忘れて

あの秋の夜。敵方の恩を思い出して。

政令都市になった新潟市の四月に 喜んでいる横浜FMサポーターの新潟の夜に幸あれ。
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。