この春を満喫して そして 共に 戦おう。

3月31日土曜日は第4節「川崎F」だ。 東北電スで14:00から始まる。

J2時代から新潟市陸上競技場で、あるいはアウェイの等々力陸上競技場で、数々の死闘を繰り返して来た「伝統」の一戦である。

相手には申し分ない。

新潟市のあちこちで、梅の花の色模様が見られる頃になって、卒業式も終り、しばしの春休みのひと時。

sakuraniigata

4月になれば、すぐにやってくる桜の入学式を前に、東北電スで見つめる子供たちに、希望の春風を送り届けて欲しいものだ。


さて、私こと。4月10日まで有効の「青春18切符」を、ようやく4月7日の「FC東京」戦で、使うことにする。

当日前夜の午前零時近い「ムーンライトえちご」の夜汽車の窓で、春の夢にもたれようか 

しかし、午前5時過ぎに新宿駅に着いて、すぐさま飛田給駅では暇が有り過ぎる。

それとも、当日早朝の新潟駅から5時18分発の信越線一番電車で、朝もやの国境の息吹きを、胸いっぱいに吸ってみよう!

長岡駅。水上駅。高崎駅で乗り換えて、新宿駅には正午に到着する。

でも、時間が窮屈すぎる。


逡巡する。


ふと、夏目漱石「草枕」。 冒頭の一説が 浮かぶ。

坂道を登りながら考えた。-」- と 口ずさむ。

やや神経症的になっている自分がいる。

まー、いいや-! まぢかになってから、風の吹くまま 気の向くままに 決めよう。

せっかくの「コマリ紀行」の旅ならば。


「アルビレックス新潟」

この春を満喫して そして 共に 戦おう。

みんなと 勝利のために。
関連記事

comment

Secret

リンク