スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次に繋がるゲームであれば

仕事から帰って、スカパー182chの予約録画を見ている。

前半。

攻め合い守りあいのしのぎ合いは、名古屋が最初有利。

それを耐えて、新潟のペースとなる。

マルシオ リシャルデスのFKに、藤田ファールでイェロー。

惜しい新潟のチャンス。タイミング合わず潰す。

ヨンセンの一点は、右サイドからのフヤけたクロスに合わされた。

フヤけた-ふやけたボールが悔しい。

「それも有り」との予知能力を高める防御が必要かと。

しかし、耐えている。

そして、チャンスを創ろうとしている。

前半が終わった。

0-1。

”勝つも負けるも時の運”とは云うが。

もっと、先を極めよう!

多くの可能性が見えた。

-後半を見よう。-

負けているのだから、攻めに出て、隙もできるだろう。

たとえ、取られても。

次に繋がるゲームであれば。

「失敗は成功のもと」

-今から後半のビデオを見る。

さー、どんなプレーをするか。

しっかりと見よう。
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。