スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反町康治監督の「こころ」

帽 子    西条八十

--母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね

ええ、夏碓井から霧積へ行くみちで、

渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。


valey

--母さん、あれは好きな帽子でしたよ。

僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。

だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

--母さん、あのとき、向うから若い薬売が来ましたっけね。

紺の脚絆に手甲をした
---。

そして拾はうとしてずいぶん骨折ってくれましたっけね。

だけどとうとう駄目だった。

なにしろ深い渓谷で、それに草が

背丈ぐらい伸びていたんですもの。

--母さん、本当にあの 帽子どうなったでせう?

そのとき傍に咲いていた車百合の花は、

もうとうに枯れちゃつたでせうね。
そして、

秋には、灰色の霧があの丘をこめ、

あの 帽子の下で毎晩きりぎりすが鳴いたかも知れませんよ


susuki

--母さん、そして、きっと今頃は、--今夜あたりは、

あの渓間に、静かに雪が降りつもっているでせう。

昔、つやつや光った、あの伊太利麦の帽子と、

その裏に僕が書いた

Y・Sという頭叉字を

埋めるように、静かに、寂しく
--

susukisky
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。