スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして前が取れんないんだろう

どうして前が取れんないんだろう。

第20節 19.00 アルビレックス新潟3-3大分トリニータ 「新潟スタジアム」
コーチ;ジュエルソンのキックは、情け容赦なく、きつい。

枠の内角を這って行くキックは、どれだけ、アルビのゴールキーパーを突きたてた。涙に濡れた。

野澤が育って、明日を見詰めるまでに、来た。

ジンギスカンは、今も生きてるように、喰らい付く、北野も、スワンに来た。

防ぐのはピカ一。

単直ばかりが

打たれてばかりが

ピカ一でも ない。

ほんとうのまもりは かっての 14 伝説 二枚越し 「高橋直樹」

度胸 勝負の 乱れ打ち ♪

ほんとうは

打たれ弱い へたくそでも

起き上がって くらいつく。

男 「無法松」は そんな

ほんとの おとなの 勝負が あるのかと。

これからは、「綾取り」のように繰り返される、応用「雪のじょう雪之じょう」変化だ。

ゴール前で、めまぐるしく、繰り広げる「戦士」たち。

ゴール前が、狙われてる。

どちらが早いか。それは「天性」か。

激しく

怪しくねらわれてる。

寺川能人。

鈴木慎吾。

送る「七変化」は、新潟を動かしてる。

「レッズ」戦、然り。

ひたむきな泥くささが 息づき始めている。

もちろん、そればかりではない。

これからは「綾取り」の世界。

ワンタッチ「綾取り」の世界。

待ってはいられない。

黙っていた「新潟県」の声は、やっと、後半40分過ぎ。

怒涛の地響きとなって

ビッグスワンの

私の

椅子下に

深く

鳴って

いつまでも

止まずに いた。

<もう、どこにも「遠慮」は、いらない。>

-新潟県 柏崎市 「綾子舞い」を 思い出して いた。 
関連記事

comment

Secret

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。