スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟が無くなるかもしれない

新潟が危ない。「アルビレックス新潟」
個人的には、「広島カープ」のように、新潟市民(新潟県民)が支える必要がある。
何も無い新潟だから。たいして特色も無い新潟のくせに、威張りたがる輩も居る。
「アルビレックス新潟」
私は、市陸の、あの日の、あの時のように、人に、うるさい、と云われても構わず、ただ一つの「アルビレックス新潟」を、再び叫ぶ時が来たようだ。
負けるな!新潟!米とか酒とか、そんなこと関係無い!!
負けるな!新潟!
東スタンド真ん中の最前列で、私の喚く応援で
「行けー! 左開いてるー! チェーック! ぶつかれー! こらえろー! 削れー! 寺川ー!能人!!--!!!」
何が新潟の特産品だ。
たいした特産品も無いくせに、そうした越後杜氏流れひと。
「アルビレックス新潟」には
こんな、めごい めごい子たちがいる。
こんな子たちを、「越後獅子」のように、ひもじくさせては、ならない。
「アルビレックス新潟」が、無くなった時、もう、そこに新潟は、何も残らないだろう。
それだけ、新潟県には、ただ一つ共有の、手塩にかけた「アルビレックス新潟」が、ある。
新潟!!! しっかりしろ!!!!
スポンサーサイト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。