スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰹と鯉と ほんとの恋は

負けるな!達也さん!負けないで!お願いします。

この道はふるさとに 新潟へ新潟に続く道。
あの人はあの人の想い出の小道から。
あの人も歩いた、にいがた、たんぼ道。
泣くんじゃ、無いよ。泣いたら駄目さ。

今は悲しい。悔しい。何が何でも悔しい。
新潟が置かれた立場に歯ぎしりしている僕がいる。

浦和に勝とうよ!
僕の新潟から嫁いだ叔母さんだって、
ほら、春の小川の吸い口で鯉の求めに、応じてる。

でも、でも、また負けたなら。
もう、誰も知らない道を歩こう。
泣きながら深い夜に泣こう。

明日なんて思いながら。
僕はまた、くちびるを真一文字にして、新潟を歩く。
それが、
ほんとうの僕だから....。
スポンサーサイト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。