スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ!! 成岡 翔選手。新潟へウエルカム。

成岡 翔選手。ようこそ、新潟へ。
ありがとう。
念願叶って、とても嬉しいです。

1984年5月31日生まれ28歳の君には「藤枝東高校」の同級生で、共に誕生月が同じの1984年5月14日生まれの「大井健太郎」選手も、心待ちにしていたことだろう。
あの透明感の有る、底抜けの「明るい笑顔」で。

この二人は、高校一年2000年の春から2001年の土まみれ修練の「季節を」を越えて。
2002年から2003年、高校三年生の冬に結実して、藤枝東高の「熱血サッカー」は、一冊の「卒業アルバム 」となった。
2002年には、新潟でも開催された「ワールドカップ」を、ギンギラギーンに見つめながら…。

そして、共に憧れの「ジュビロ磐田」のプロ選手として、スタートした。

成岡 翔選手は、2003年から2010年まで。
大井健太郎選手は、2003年から2011年まで。

もう一人、新潟で「睨み」を効かせて、待ち構えている「選手」がいる。
止まない雪と風の中で…。とうとうと流れる悠久の「信濃川」上の「萬代橋」欄干たもとで「まちぶせ・石川ひとみ」のように。
1984年11月24日生まれ。清水商業高校出身で、同じく「ジュビロ磐田」で2003年から2007年の6月まで一緒に戦った「菊池直哉」選手(同年8月~12月までアルビレックス新潟に期限付き移籍)だった。

三人の「同級生」が集まった。



ようこそ!! 成岡 翔選手。新潟へウエルカム。

naruoka300

かつて少年の「寝食」を共にした三人が、28歳の青年に成って、もう「アルビレックス新潟」は負ける訳には行かない。
スポンサーサイト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。