スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てが自分だった

「県立新潟ガンセンター」に駆け込んだのは、ほぼ一ヶ月前の11月26日だった。

-喉は血に滲んで、私の「食道」に通じては、いなかった-

-とても「痛かった-

全ての「扁桃腺」は、白血球との「戦い」だった。

「 T 先生 ありがとうざいました!」

「イタイッ。!

助けてください!

Kさん。...

Gさん

ありがとうございました!」

右・左の腕に 

「5日間の点滴」でした。。。

ぼくは ひととき

助かりました。

--------。
--------------------------------------------------------------------------------

--今は、どうでしょう?

アルビレックス新潟----*

正直 あきはじめました(笑)

------

「人間」も自然も わからないんですもの・・。

------

あしたは。。

明日です・

--------------------------------------------------------------------------------

新潟に春を待ち望む時

新潟は

いつも

 大きく 動き出すのです

ほんとうの

妥協の

ない

「新潟」



ある

限り。

--------------------------------------------------------------------------------

思えば---。 ---------.。 ---------。

その時は、「全てが自分だった」けれど---------.。 ---------。

今、また、新潟市の この町に 動き始めて-

Albirex Supporter's Awards(於:新潟ワシントンホテル)にて

さまざまな 「場面」を 瞳に 輝かせて のぞかせて 生きて いる

やっぱり つくづく

「アルビレクッス新潟」が

好きで たまらないんだと ------- -------.

やがて来る

新潟の 春を

待ち望む

つぎつぎと

ひとみを

輝かせて

待って いる
スポンサーサイト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。