スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの夢舞台

第36節 14.00  アルビレックス新潟2-1サガン鳥栖 「新潟スタジアム」

鳥栖のジェフェルソンは、高さと強さがあった。

前半開始直後、中央突破からのシュート。ゴールは見事だった。

最後まで、新潟守備の要アンデルソンと高さのしのぎを削っていた。

鳴尾の動き・裁きとともに、印象に残る選手だった。

新潟の上野優作。同点から逆転への2得点。今日の新潟の全得点を叩き出した。

新潟得点前の後半。

時が経つに連れ、優作の「執念」は炎のように、清五郎の鬼と化していた。

鳥栖GKシュナイダー潤之介の前に挑みかかる新潟側。

ホームゴール裏間近で見ていたら、上野優作だけがくっきりと浮き上がって見え始めた。

彼の人一倍の抜きん出た、勝利への執念はどこから出ているのだろうか?

残り8試合。八試合・・・「末広がりの八」。

だんだんと、私でさえも段々と固まって来ている。

大切な今季の今現在。関係者の気持ちはいか程ばかりだろう。

増しては、当の選手たちは,どんなにか。

いずれにしても 声を出して 気合を入れて。

優作のような「執念」で。

そしたら、何人もの「上野優作」の影武者が、これからの夢舞台に現れて、勝利への執念を見せつけて呉れることだろう
スポンサーサイト

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。